【ハーレーの名車・歴史】1905Model 1

ハーレーの名車と歴史

1905Model 1

次のページへ

最初の生産モデルの誕生した年として知られる1905年

ハーレーダビッドソンモーターサイクルモータースの最初の印刷広告は1905年に見られ、ハーレーの歴史の最初の扉を開けることになりました。当時のシングルシリンダーのエンジンとしては僅かに大きなボアを持っていたこのエンジンは、26.84キュービックインチの排気量から31/4馬力のパワーを発生しました。燃料タンクは鋼の磨かれたひもでチューブラーフレームにさらに固定され、後にそのタンクの固定方法から「ストラップタンク」のあだ名で呼ばれました。会社はまだ始まったばかりでしたが、ブランドの名声は会社よりも速く成長していました。このシングルシリンダーエンジンは数年の間改良の取り組みを行ないましたが、モデルイヤーごとに信頼性を増していきました。1905年はハーレーダビッドソン最初の生産モデルの誕生した年として広く知られていますが、まだそれは最終的な結論には至っていません。

ハーレーダビッドソン・1905Model

革製のドライブ・ベルトは、後輪にエンジンのパワーを伝える唯一の手段でした。

年式
1905年
モデル
Model 1
エンジン
シングルシリンダー 26.84 cubic inch

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する