【ハーレーの名車・歴史】1948 FL

ハーレーの名車と歴史

1948 FL

前のページへ

次のページへ

パンヘッドの登場

1948 FL・パンヘッド1948年に、ハーレーダビッドソンは最新のVツインエンジンであるパンヘッドを発表しました。次の年の1949年には新たな顧客を増やすために、新しいモデルをユーザーの前で初めて披露しました。1936年に最初に売り出されたナックルヘッドが成功したことによって次に望まれたのは、新技術を生み出す間に、現在の機能を完全な状態で維持し続けることでした。パンヘッドの腰下(クランク)部分はナックルヘッドのものをそのまま使用していましたが、シリンダーヘッドのデザインは新たに設計されて一新されたものが使用されました。その一新されたシリンダーヘッドにはアルミ合金が使用され、バルブシートにはアルミニウム青銅、バルブガイドにはスチールが使用されていました。ミルウォーキー工場のエンジニアにとって、油圧タペットを内蔵したプッシュロッドも初めての技術であり、これら全ての新しいエンジンの構成はメンテナンス性の向上とノイズの低減を実現し、冷却効果を高める結果になりました。パワー面においては向上できませんでしたが、ナックルヘッドよりも8ポンドの軽量化に成功しました。また、エキゾーストパイプの取り回しも変更されました。パンヘッドはEL(61キュービックインチ)とFL(74キュービックインチ)の2バージョンが販売され、販売台数をますます増やす結果になりました。

ハーレーダビッドソン・1948 FL

バンヘッドは当時最新のビッグツインであり、ミルウォーキーのエンジニアの技術進歩に貢献しました。

年式
1948年
モデル
FL
エンジン
ツインシリンダー 74 cubic inch

前のページへ

次のページへ

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する