ハーレー・サスペンション(フロントサス・リアサス)

ハーレーダビッドソン.com

サスペンションについて

もしもサスペンションがなかったらオートバイで走ることは今の何倍も難しく、スピードも半減するでしょう。ショックを吸収しコーナリングを助けるハーレーダビッドソンのサスペンションについて紹介していきます。

時代にしたがってサスペンションに求められる性能も変わっていった

ハーレー・コーナーリングサスペンションは日本語では懸架装置、あるいは緩衝装置と言いますが、一般的にはフロントフォーク/リアサスと言ったほうがお馴染みでしょう。オートバイというものが誕生した当初は、サスペンションは路面の凹凸によるショックを和らげるものとしての役割が最も重要でしたが、道路が整備されて砂利から舗装となり、オートバイの性能も向上してハイスピードでの走行が可能になるにしたって、サスペンションに求められるものはコーナーリングをよりスムーズに行うための性能になりました。

進化していったサスペンション

ハーレー・スプリンガーフォークハーレーに限らず長い歴史をもつオートバイの創成期において、ほとんどはフロントのみにしかサスペンションが与えられていませんでした。それもスプリンガ-、あるいはガーターフォークのようなスプリングが剥き出しのものです。それがスプリングとダンパー機能を内蔵式としたテレスコピック式に取って代わられ、リアにもサスペンションが与えられるようになります。ちなみにハーレーの場合、テレスコピックは1949年から、リアサスは1952年から採用されていることはご存知の方も多いでしょう。

サスペンションの内部はバネとダンパーで出来ています

ハーレー・フロントサスグライドフォークと呼ばれるハーレーのテレスコピック式フロントフォークには、2本のフォークの間が広いワイドグライド(FL系全機種とFX系のWGモデル)と、フォーク間が狭いナローグライド(WG以外のFX系とXL系全機種)の2種類が存在しています。リアはスイングアームを2本のサスペンションで支えるトラディショナルな構造をハーレーも採用しています。リジッドフレームのようにも見えるソフテイルはハーレーがパテントを持つ傑作ですが、これもトラス(三角形)構造のスイングアームをフレーム下に取り付けた2本のサスで保持しているという意味では、ベーシックなものといえるでしょう。ちなみにレーシングバイクやスポーツモデルはスイングアームの取り付け部付近にテコの原理を応用したリンクを介して、一本のサスペンションでスイングアームの動きを制御しています。モノサスと称されるこのシステムは、ハーレーのVR1000にも採用されています。簡単に言えば、サスペンションの内部はバネとダンパーで出来ています。バネが伸び縮みしてショックの吸収や路面の追従を行うのですが、バネだけだと伸びたり縮んだりの反動が出てしまうので、ダンパーと呼ばれる抵抗装置でそれを制御しているというわけです。それゆえサスの調整はイニシャルと呼ばれるスプリングの長さと、減衰と呼ばれるダンパーの強弱をあわせて行うことによって、はじめて自分にマッチした乗り味が得られるということを忘れないようにしましょう。またFLH系のツアラーモデルは前後にエアーサスペンションを採用しており、スプリングに加え圧縮空気の力を利用することによって、2人乗りや荷物を満載したときのサスペンション効果の向上を実現しています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する