ハーレーダビッドソン・ツインカム88

ハーレーダビッドソン.com

ツインカム88を学ぶ

1936年のナックルヘッド以来、5代目となるビッグツインエンジン「ツインカム88」がデビューしたのは1999年。すべてにおいて進化したハーレー社の最強空冷Vツインエンジンソンツインカム88について紹介していきます。

「ファットヘッド」・今までは形を何かに例えていたが…

ハーレーダビッドソン・ツインカム881999年モデルとして発売されたツインカム88。ハーレーダビッドソンのエンジンが代々ニックネームで呼ばれてきたのはご存じだとは思います。サイドバルブを採用していた時代のエンジンを指す「フラットヘッド」がその始まりです。サイドバルブエンジンの構造上、シリンダーヘッドは単なる蓋の役目を果たすわけで、外すと平らになっていることからフラットヘッドと呼ばれるようになりました。初のOHV市販モデルとなったナックルヘッド(1936年~47年)は、拳を握ったような形のロックカバーがその由来となりました。パンヘッド(1948年~65年)のPANは平ナベとか皿状のものという意味で、ショベルヘッド(1966年~83年)はその名の通り地面を掘るショベルが由来になっています。そして84年に登場したエボリューションはブロックヘッドと呼ばれています。ブロックは積み木の意味で、これは角ばった形状で3段重ねとなったロッカーカバーを表したものです。これらのエンジンの呼び名に共通して言えることは形を何かに例えていたことですが、これに対してツインカム88は「太っちょ」という意味から「ファットヘッド」とアナウンスされています。しかしあまり定着はせず、ほとんどの人は「ツインカム」と呼んでいます。

ツインカム88・エンジン

Twin Cam 88

フライホールからサイレントチェーンをかいしてRバンクのカムに力が加わり、水平位置にあるFバンクのカムをサイレントチェーンで回してカムが動くようになっています。各シリンダーにカムが付いたことによって、プッシュロッドの動きがスムーズになりました。

カムを2つにした理由

ツインカム88・部品ナックルヘッド以来、エボリューションまでのハーレーダビッドソンOHVビックツインは「ワンカム」方式を貫いましたが、当時のクリントン政権が行った国内最高速度引き上げ(100km/h以上の巡航が合法となりました)により、ハーレーユーザーの要望であるパワーアップが更に表面化しました。
空冷45度Vツインという伝統を守り、排気量アップに見合う強度をもち、コンパクトなクランクケースを実現するという難題に直面することになります。その解決策が「カムシャフトを前後に振り分け、それをチェーンで駆動させる」という2カム方式だったのです。このような理由からワンカムに別れを告げて、前後のシリンダーにそれぞれ1本ずつの独立したカムシャフトが与えられることになりました。この2カム方式は古くは1920年代に採用されていましたが、これは4カムへと進化してスポーツスター系のエンジンへと受け継がれているという考え方もできます。こういったことから、ビッグツインが2カムになったというのは画期的な出来事であるのは間違いありません。

ツインカム88の名称について

ツインカム88という正式名称についてですが、88は88キュービックインチ(=1450cc)の排気量を表すものです。ちなみにEVOは80キュービック=1340ccになります。「ツインカム」はその名の通りカムが2本になった事を意味しています。
ツインカムという呼び方ですが、ハーレーに詳しくない人には誤解を招く恐れが大いにあります。なぜかというと、「ツインカム」と言えばDOCH=ダブル=ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフトを指すのが一般的だからです。ツインカム88に関してはDOHCになったのではなく、これまでのワンカムOHVから2カムOHVになったから「ツインカム」と呼ばれています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する