ハーレー・ブレーキシステム(ドラム式・ディスク式)

ハーレーダビッドソン.com

ブレーキ・システムを学ぶ

レバーを握ればバイクは止まるものだと思い込んでいる人もいると思います。どのような仕組みでブレーキが機能してバイクは止まるのでしょう?ハーレーダビッドソンのブレーキ・システムについて紹介していきます。

ドラム式とディスク式ブレーキの仕組み

ブレーキとはバイク乗りの命綱とも言うべき制動装置の事です。ブレーキはどんなオートバイにも前輪/後輪それぞれに取り付けられており、ドラム式とディスク式の2種類があることくらいはどんな人でも知っている事だと思います。ドラムブレーキは言わば古典的なシステムで、外側のドラムを内側からブレーキシューを広げて押さえ付けることで制動力を発生させるものです。その後登場したディスクブレーキは、レコード板のようなディスクローターをブレーキパッドで挟み付けることで制動力を得るシステムです。ハーレーでは70年代の初期からこのディスクブレーキが採用されました。

ハーレー・ドラム式ブレーキ

ドラム式ブレーキ

制動力が強く、熱に強い

ハーレー・ディスク式ブレーキ

ディスク式ブレーキ

雨でも制動力が変化しない

両ブレーキの利点について

絶対的な制動力に関してはディスクブレーキに軍配が上がるわけですが、それ以外にもシステムが剥き出しのディスクブレーキは熱に強いです。反面ドラムは基本的に密閉状態の中でブレーキが作動するため、雨でも制動力が変化しないという利点をもっています。

ハーレーダビッドソンのブレーキに対する考え方

ハーレー・リアブレーキハーレーと言えば「ブレーキが効かない」と盲信する人が以前は多くいました。最新型の4ポットキャリパーはもはや十分すぎる制動力を発揮しますが、確かにかつてのハーレーのブレーキは非力だったことは事実です。しかしそもそもハーレー社のブレーキに対する考え方は他のメーカーとは根本的に違っており、日本車に代表されるスポーツバイクがフロントブレーキをメインとして制動するのに対して、ハーレーはリアブレーキの比率が大きいです。この事を知らずに国産車の感覚でブレーキレバーばかりを握り締めていれば、ブレーキが効ないと言いたくもなると思います。フットブレーキをバランス良く使えば決して「ハーレーのブレーキは効かない」わけではないことは理解できるはずです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ



サイト内を検索する